ウォーキングのABC:効果・カロリー・グッズ・服装など…のTOPに戻る

ウォーキングキャップで日差しや紫外線を防ぐ…


ウォーキングキャップは夏場には欠かせないウォーキング用品(グッズ)といえるでしょう。
帽子は頭を守るだけでなく、目に入る日差しの眩しさを抑えて歩きやすくしてくれたり、顔に当たる紫外線を防いでくれます。

また、つばの広いデザインのものは首周りの日焼けも防止してくれます。
キャップタイプの帽子を被って歩く人は、ポロシャツの襟を立てて首の日焼け予防をしたり、手ぬぐいやバンダナなどを首に巻いて歩くと良いでしょう。


ウォーキング用品(グッズ)として販売されている帽子には、夏の暑い時期でも快適に歩ける工夫が色々と加えられています。

例えば特殊な生地をキャップの頭に接触する部分に使用し、水に濡らしてからキャップを被ると清涼感を得られるというもの。
これは保水力のある生地を使用してあり、水分が蒸発する際の気化熱により涼しさを得られるというものです。
原理的には、注射する際に皮膚をアルコール消毒したときに、ひやっと感じるのと同様です。

また前方だけでなく横からの紫外線も防止できるように、フルフェイスヘルメットのシールドのようにつばが上下して大きなサングラスのように顔全体を覆うものや、つばの形に工夫を加えたものなどもあります。

ウォーキング用の帽子というと多くの人がキャップを被るようですが、お洒落にも気を配ってウォーキングしたいという人にはハンチングなどもお勧めです。
ゴルフを連想する方も多いかもしれませんが、ウォーキングの際に被っても素敵なのではないでしょうか。

ウォーキングを続けるための一つの方法として、自分流のスタイルでお洒落して楽しみながら歩くのも良いですね。



関連コンテンツ

サングラスはウォーキング用品(グッズ)として重要な役割…

ウォーキング用品(グッズ)とサングラス…これは意外な組み合わせのようですが、大事なアイテムなのです。 屋外のスポーツシーンでもサングラスはよく見られますが、ウォーキング用品(グッズ)としても重要・・・

ザックは快適なウォーキングに必要な機能をよく考慮して選択…

ウォーキングを行う時には、水を入れたペットボトルか水筒を水分補給のために携帯しておくことをオススメします。 また、天候の変化に対応するため、レインウエアや軽い上着なども持っておくと便利ですね。 ザ・・・