ウォーキングのABC:効果・カロリー・グッズ・服装など…のTOPに戻る
「ウォーキングのABC:効果・カロリー・グッズ・服装など…」トップ >  ウォーキングのウエア・服装 > ウォーキングの服装・夏編…熱中症や日焼けに注意、帽子は必需アイテム

ウォーキングの服装・夏編…熱中症や日焼けに注意、帽子は必需アイテム


うだるような暑さの夏、虫の鳴き声も届かない冷房のきいた部屋の中から出られない人もたくさんいるでしょう。
そんな中でも、多くの人が楽しんでウォーキングを行っています。

日課として毎日のウォーキングを行っている人は、炎天下の日中ではまず歩くことはないでしょう。
しかし、朝や夕方とはいえ、夏の日差しを甘くみてはいけません。
夏の時期のウォーキングでは、服装にも工夫をして熱中症や日焼けから身体を守ることが大事です。

汗の蒸発と体温の熱を放出させるために、ゆったりとしたデザインで軽いものが良いでしょう。
丸首のTシャツがいいように感じますが、首は特に日焼けしやすい部分ですので、バンダナや手ぬぐいを首に巻くか、襟を立てて襟付きのシャツを着るという方法もあります。
水を含むとひんやり感じさせる素材でできたバンダナもウォーキング用品(グッズ)として発売されていますので、頭や首に巻いて使用するのも良いでしょう。

その他には、帽子は当然欠かせないアイテムです。
また、普段から日焼けしていない人は、半ズボンは避けたほうがよいと思います。
気付かないうちに意外と膝の裏側がひどい日焼けをしていまうことがあるので、ズボンの丈は長めをオススメします。

素材は高い吸水性、発散性、通気性を備えたものを選択しましょう。
なお、UV効果のあるズボンやシャツも発売されていますので、ウォーキング用品(グッズ)としていくつか持っておくとよいでしょう。

また、自宅を出発して自宅に戻るようなウォーキングならばよいのですが、ウォーキングし終わって電車を利用して帰宅するのならば、着替え用のシャツを予備に準備しておくと、周りに気を使わずに過ごせて良いでしょう。



関連コンテンツ

ウォーキングのウエア・服装はパンツでカッコよく…

ウォーキングと服装・ウェアについて述べてみます。 ウォーキングを楽しむ上で、どんなウエアで行うか、服装などのスタイルの問題も大いに関心がもてます。 ウォーキングの服装で身を包み、かっこいいスタ・・・

ウォーキングの服装・肌着編…素早く乾燥する合成繊維が最適

ウォーキングは、自然の中で長い時間を過ごす運動です。 常に一定でないのが自然環境というもので、天気、季節、時間帯によっても様々に変わってきます。 それらの環境の変化に対処しつつ、ウォーキングを楽し・・・

ウォーキングの服装・冬編…ウインドブレーカーは必需品

冬は寒いので、暖かい部屋に閉じこもりがちですよね。 朝、布団から出るのでさえおっくうなのに、朝早くウォーキングにわざわざ出かけるなんて・・・ それでも意外と多くの人が冬にウォーキングやランニングを・・・

ウォーキングの服装・雨編…レインウエアは動きやすく上下に分かれたタイプがオススメ

健康のために、日課として毎日ウォーキングを行っている人も、雨天の場合はウォーキングを思い切ってお休みしてもよいかと思います。 しかし、それでも休まずに毎日のウォーキングを続けるという人や、また、・・・